安心感の伝え方

安心感の伝え方でもう一つの方法としてあげられるのが、人打ちという手法。人打ちとは、社長や店長や営業マンなどがチラシに顔出しでとうぞ湯させることを指す。なんだ、そんなこと、簡単じゃないか、と思うかもしれないが、単純に顔を出せばいいというものではない。これには幾つかのポイントがありそれを抑えていただきたい。

①笑顔で掲載すること

まず最初に注意すべき点は、当たり前のことだが、以外と出来ていない笑顔。心からの笑顔には結構意識していないとできないものだ。肝心なことは普段からニコニコと笑顔を絶やさないこと。さらにはチラシに出る場合は意識してはを出しながら満面のえみを讃え少し大げさに笑うくらいで丁度いい。

②トップが出ること

会社のトップが見えることはこれからのチラシで重要なこと。大手ではユニクロの柳井氏や、ワタミの渡邊氏などが度々テレビに登場する。トップが出ることでお客様にダイレクトにメッセージを発信している。中小企業のああい、たやすくてれにには出られないので、チラシ媒体を利用するのだ。商品だけではpモイは伝わらないが、トップのメッセージは重いが伝わりやすい。もちろん、形だけでは重いは伝わらないが、トップのメッセージは重いが伝わりやすい。もちろん、形だけ登場しても意味がない。ぜひ、これだけはっ耐えたいというものがなければチラシに出ても意味がないことは自明の理である。

③女性スタッフが中心になること。

本来安心のイメージを出すのは女性が良い。チラシを見るのは多くは主婦であり、女性がチラシに多く登場していると優しいイメージが演出できる。逆に男性というのは硬い攻撃的なイメージがあるため、危険なイメージもある。特に高額品の場合がそうだ。

たとえば、住宅のチラシで男性営業マンが多く出ると、セールス色が強くなり、警戒心も出てくる営業が手ぐすねを引いて待っているイメージを与えるからだ。ゆえに男性を出す場合はできるだけ売り色の少ない、職人さん、設計士さんを出すべきである。

また客層を考えながら剪定することも重要。たとえばパチンコのちらしを考える場合、客層は男性が多く特にスロットは若い男性が圧倒的においので、ポスティングチラシを有効に使う。都するならば、スロットのチラシは若い女性がふんだんに出る方が、ポスティング地足を手にとってもらいやすくなり、見てもらいやすくなるのだ。