心理状態を考える

ビジネスを成功させるには当然、相手の心理状態を考え、それにそった商品なりサービスなりをて依拠しないとものは売れない。ゆえに相手の気持ちを読んでいくことがビジネス成功の道と言える。チラシ作りも同様でお客様の心理を読むことが大切である。顧客心理を深く考えずに、チラシを作ると心に突き刺さらない無味乾燥あチラシになってしまい当然、集客はできない。顧客心理を読むことなしのチラシ作りはあり得ないのだ。

お客様の気持ちに立つ第一歩は実際にその商品を使ってみることだ。例えば、ゴルフショップのチラシを作るとき、ゴルファーの気持ちがわからないとチラシが作れない。一度もゴルフをやったことがない人はゴルフのチラシは作れないのだ。そこで一度でもいいからゴルフをやってみる。

チラシは悩み別に商品をくくれと。それまでメーカー別にチラシでくくっていたが、それでは初心者にはわからない。どのメーカーがどういう特徴があることを知っているのは中級者レベルである。当然、ショップの人はゴルフをやるから中級者以上が多い。彼らの視点でチラシを作ると、メーカー別にこだわりを乗せたチラシとなり、最もマーケットボリュームの多い初心者を無視することになる。ゆえに初心者の気持ちになり、初心者の悩み別に商品をくくる方がチラシはベストなのだ。