文書の基本的な構造を記述する

HTML文書の構造

作成したHTMLファイルは<html>で はじまり、</html>で終わっています。 html タグはHTML文書全体を表すものです。練習のために html タグだけで文書を作成し ましたが、実際には、 H T M L文書は大きく分け て2つの部分が必要です。 1つはその文書に関 する情報を記述する部分でhead タグを使って 表します。もう 1 つはブラウザに表示する部 分で、 bodyタグを使って表します。

作成したtest.htmlをより形式にのつとつ た形で記述しなおすと、右のようになります.くhead></head>の聞にはまだ何も記 述されていませんが、正式にはページタイトル は必ず指定することになっており、次項で説明 します。

titleタグでタイトルを指定

作成したファイルをブラウザで表 示させると、タイトルパーにはファイル名時 示されます。 HTMLの仕様上、この部分には title タグを使ってその文書のタイトルを表示さ せる必要があります。 titleタグは<head>と </head>の聞に記述し、開始タグ<title> と終 了タグ </title> の聞に、タイ卜ルとなる文字列 を記述します。作成したファイルに H T M L の基本 というタイトルを付け加えてみ ます。

タイトルバーに指定した文字例が表示される

フラウザに表示してみると、タイトルパーに指 定した文字列が表示されます。 Internet Explorer 7 FireFox などのタブブラウザでは タブ. の部分にもタイトルが表示されます。