文書型宣言を行うには

H T M Lの仕様には、 W e bページの構造を記述するという H T M L本来の役割に従い、スタイルに関する要素を厳密に取 り除いた、  H T M L 4.01 Strictと制約の比較的緩やかな H T M L 4.01 Transitional があります。本害では  H T M L 4.01 T ransitional  のほうを解説します。この文書型宣言は下のようになります。大文字・小文字もこの通りに記述して下 さい。前ページのファイルに付け加えてみます 。文書型宣言を行わなくても、主要なブラウザでは問題なくページ を表示できますが、この宣言のあるなしによって表示のしかたが若干変わる場合があります。本書では以降のページ では文書型宣言は省略した形でソースを掲載します。

文字コードを指定するには

コンビュータ内部では、文字も数値の並びとしてデータのやり取りが行われます。このとき、どの文字とどの数値が対 応するかを定めたものが文字コードで、日本語の文字コードにはいくつか種類があります。 Windowsの場合、メモ蟻 などでは、通常シフト JIS で保存されます。多くの場合、ブラウザが文字コードを自動的に認識してくれますが、認識 に失敗して文字化けを起こす場合もあります。このような事態を避けるために、 H T M L文書内に使用している文字コー ドを明示しておくとよいでしょう。 headタグ内に、metaタグを記述します。シフトJISの場合は下のようになります。

ソースに、文字コード シフト JIS の指 定を付け加えると、右のようになります。文字コード指定は省略した形でソースを 掲載します。