投稿日:

主役勝因を目立たせるには

戦略的MDにより、「超目玉商品」「おすすめスター商品」をとくに目立たせるチラシにしなくてはいけない。いわゆる「集客のタマ」と「売れるタマ」を目立たせることにより、チラシにメリハリがついてくる。これら目立たせる商品を「主役」とすれば、その他の商品は脇役である。上手に主役づくりを演出したい。目立たせる技法としてはいくつかあげられる。

a.写真を大きくする

まず、最もはっきりと目立つのは写真を大きく載せることだ。通常、チラシ上の写真の大きさは大・中・小の3つくらいに分けられる。大きさの割合は2:1.5:1くらいの感覚でメリハリをつけてほしい。当然、超目玉やおすすめスターが大・中となることは言うまでもない。

b.バックを目立たせる

ここでいうバックとは、商品写真の背景を指す。背景を周りと変えることにより、目立たせることができる。技法としては色を変える(例えば黄ベタ)網掛けをする、丸い模様を入れるなどにより、目立つようになる。

c.写真を太線で囲む

さらにぱっと見た目でインパクトを与える方法として太線で枠を作り、写真を囲む方法がある。枠を縁取りすることにより、引き締まったイメージを与え、目に飛び込みやすくなる。

 

d.少し斜めにする

上下左右まっすぐに商品が並んでいる中で、少し斜めに傾けて目立たせる。

 

また、大中小のアイテムの割合であるが、大が少なすぎてもメリハリが聞かないし、逆に多すぎても全体のバランスが悪く、アイテム数も減ってしまう。目安としては、「大:中:小」=「2:3:5」くらいの割合でメリハリをつけるのが望ましい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です