HTMLとは

HTML とは HyperText Markup Languageの略です。 HyperText (ハイパーテキス卜 )とはホームページのように、 表示されている文字や画像などをクリックすると、そこからほかのページに移動する(リンクする)ような仕組みを備えたもののことです。Markup Languageとは印を付ける言語という意味です。言語というと非常に難しいものの ように考えてしまいがちですが、外国語やプログラミングの習得ほど大変なものではありません。まずはおおまかな 仕組みから説明していきます。 HTMLのMはMarkUp (印を付ける ) の意味ですが、この印を付けるのがタグというものです。<> を付けた 英文字列をタグと呼びます。<> の中の英文字列は要素 (Element) というのが正式な名称ですが、要素を付けたものを開始タグ、要素名の前に / を入れてから< > を付けたものを終了タグと呼びます。

サーバーに転送する手段

作成したファイルはWebサーバーと呼ばれるコンビュータに置く必要があります。すでにインターネットを閲覧するためにプロバイダと契約されていると思います。サーバーはこれらの プロバイダが用意しているものを使うのが簡単 です。ホームページを作成したパソコンから Webサーバーへはネットワークを介してファイ ルを転送します。転送にはプロパイダが提供するサービスを利用したり、専用のソフトを使ったりする方法もあります。